MENU

効果的な有酸素運動とは?

ダイエットに効果的な有酸素運動とは?

ダイエットは有酸素運動で脂肪を燃焼させましょう!!ダイエットしている人に有酸素運動は有名な方法です。しかし有酸素運動の効果がでるのは20分を経過したより後からだと言われています。

 

1日24時間の内たかが20分、されど20分。しっかりした効果を見込むなら30分くらいは有酸素運動しなくてはなりません。効率よく脂肪を燃焼させるには、筋トレも一緒にすることが大切なのです。

有酸素運動の効果を高める方法

ダイエットで有酸素運動を続けていくのは大変です。仕事や学校があるのに、つらい有酸素運動を続けていけますか?有酸素運動の効果を高めて効率よく脂肪燃焼させることが、ダイエットの有酸素運動を続けるためのコツです。

 

有酸素運動する前に筋トレをする

 

腹筋は無酸素運動で代謝アップに効果があります。

 

筋トレ自体に脂肪を燃焼させる効果はほとんどありません。ではなぜ有酸素運動の前に筋トレをするのでしょうか?答えは「代謝」です。「代謝」が上がっていない状態で有酸素運動をしても、消費カロリーの5割程度しか脂肪を燃焼させていません。

 

赤い小さな英語のチェック。赤い噴出しが目を引きます。
筋トレにより代謝を上げることで消費カロリーの7割程度の脂肪燃焼率にすることができるのです。

 

代謝の上昇の持続する時間と効果

 

筋トレの代謝アップは48時間つづきます。

 

筋トレによる代謝の上昇は48時間と言われています。筋トレすることでアドレナリン→成長ホルモンの順番で分泌され、「アドレナリン」「成長ホルモン」ともに脂肪を分解する効果があるのです。この時間内に有酸素運動をすることで、脂肪の燃焼率が上がりよりダイエットに効果的にすることができるのです。

 

ただし筋トレは脂肪を分解するのみで燃焼はしていません。筋トレにより脂肪を燃焼させる準備をしているだけですので、筋トレ後の有酸素運動で脂肪を燃焼させる必要があるのです。

 

長時間の運動はさける

 

運動の時間は長時間にならないようにしましょう。

 

筋トレと有酸素運動の時間がながすぎると「コルチゾール」というストレス時に分泌されるホルモンがではじめてしまいます。この「コルチゾール」は筋肉を削ってしまいますので注意が必要です。

 

有酸素運動は空腹時がダイエットに効果的

脂肪は「貯え」です。お金に例えるなら貯金です。手持ちのお金があるのにわざわざ貯金を下ろして使う人はいませんよね?手持ちのない(糖がない)状態で貯金(貯金)を使うようにするために、有酸素運動は空腹時の糖がない状態が脂肪を効率よく燃焼させるのに効果的です。

 

代謝の高い時間

朝から昼が1番「代謝」が高い時間帯です。ですので朝食前が有酸素運動に1番良い時間だと言えるでしょう。平日の学校や仕事がある日は難しいと思いますので、休日は朝食まえに有酸素運動すると良いと思います。

 

ダイエットはなにより続けることが大切

 

ダイエットを毎日の習慣にすることからはじめましょう。

どんなに効果的なダイエットでも続けられなければ意味はありません。無理してがんばってダイエットは続けられないと思います。まずは「ダイエット」を毎日の習慣にすることからはじめましょう。

スポンサーリンク