MENU

ダイエット中の効果的な食事の摂り方

ダイエットの成功は効果的な食事の摂り方にある。

ダイエットに効果的な食事の摂り方していますか??ダイエット中は食事制限したり摂取カロリーには気を使っていると思います。しかし、食事の摂り方はあまり重要視されていない気がします。

 

赤い小さな英語のチェック。赤い噴出しが目を引きます。
ダイエットは摂取カロリーももちろん大切ですが、太りにくい食事の摂り方もとても大切なんです。

急な食事制限は逆効果

1日の摂取カロリーが1日の消費カロリーを下回れば単純にやせる事ができます。
しかし、急な食事制限は体調を崩しやいです。

 

食事制限は急激にしないでゆっくり実施しましょう。

 

脂肪を吸収しやすい状態になってしまう

摂取カロリーが急激に減少すると、体は脂肪を吸収して体内にエネルギーを蓄えようとします。そうすると少しの脂肪や栄養素を吸収しやすい体の状態になるので、リバウンドをしやすい体質なってしまう可能性があるのです。

 

赤い小さな英語のチェック。赤い噴出しが目を引きます。
まずは、少しづつ食事制限をして、基礎代謝を高めて1日の消費カロリーを増やしていきましょう。

 

運動で基礎代謝をあげよう

 

ダイエットに効果的な食事の時間

1日の間で「太りやすい時間帯」と「痩せやすい時間帯」が実はあるんです。

 

その時間帯は血糖値(血液中の糖濃度)が関係していて

 

  • 血糖値が上がると太りやすい
  • 血糖値が下がれば痩せやすい

 

そして1日の間で血糖値が下がる時間帯があるのです。

 

下がった時間帯に食事を摂るようにすることで、痩せやすい時間帯にカロリーを摂取することができダイエットに効果を発揮するのです。

 

血糖値が下がる時間帯

個人差はありますが、血糖値が下がる時間帯は

 

  • 朝の6〜7時ごろ
  • 昼前の10〜11時ごろ
  • 夕方の16〜17時ごろ

 

一般的な学生や社会人にとって、これらの時間帯に食事をするのは難しいかもしれません。

 

血糖値の下がる時間帯に食事ができるように工夫しましょう。

赤い小さな英語のチェック。赤い噴出しが目を引きます。
休日だけでも良いので、血糖値の下がる時間帯の食事を工夫してみましょう。

 

脳も体も活性化する

血糖値の下がった時間帯の食事は、脳と体を活性化する効果もあります。脳と体が活性化すると、老廃物や体に余分な成分も体内に残りづらくなりますので「ダイエット」だけでなく「美容」にも効果があり一石二鳥です。

 

血糖値の下がった時間帯の食事は脳や体も活性化させます。

 

食事をすると血糖値が上がる

 

食事での血糖値上昇を食べ方でコントロールしましょう。

 

食事をすると血糖値は上昇します。血糖値が急激に上昇すると、体の余った糖を脂肪細胞に送り込んでしまいます。

 

つまり「太りやすくなる」ということです。

 

しかし、血糖値を上がりにくくする食事の順番があるのです。

 

血糖値の上昇をゆるやかにする食事の順番

食事で血糖値を急激に上昇させないように「ゆるやかな上昇」をさせる順番は

 

野菜(食物繊維)から食べて、汁物→肉・魚(たんぱく質)→ご飯・面・パン(炭水化物)

 

野菜から食べることで血糖値の上昇を緩やかにできます。

 

まったく血糖値が上がらないわけではないのですが、この順番で食べるようにすれば、血糖値の上昇をゆるやかにできます。

 

食事の血糖値上昇を緩やかにするのはダイエット成功にとて有効です。

 

赤い小さな英語のチェック。赤い噴出しが目を引きます。
普段の食事もこの順番にするように心がけましょう。

 

血糖値と空腹の時間

空腹時間が長い間続いてしまうと食後急激に血糖値が上がってしまいます。1日2食にすることが、ダイエットに良くないのはこのためです。

 

1日2食はダイエットに逆効果です。

 

ダイエット成功の食事法はゆっくり良く噛んで

食べ物を良く噛んで食べることで満腹中枢を刺激するセロトニンが分泌され、満腹感や満足感を少量の食事で感じることができます。

 

噛む回数

1口を20回〜40回くらいがんばって噛みましょう。慣れないと10回くらいで飲み込んでしまいますが、慣れてくれば40回くらい噛めるようになってきます。

 

ゆっくり食べることはダイエットに必要不可欠

先ほどから何回も出てくる「血糖値」ですが、満腹感にも強く関係しています。血糖値が上がらないと満腹感を感じづらいのです。

 

ゆっくり食事する事で血糖値があがるまでの時間に食べすぎないようにできます。

 

血糖値は食べ始めてから20分くらいから上昇しはじめますので、早く食べてしまうと、満腹感を感じれず食べすぎてしまうのです。

 

食事の方法1つでダイエット効果があがる

食事の方法を気をつければ血糖値の上昇をゆるやかにでき、ダイエットに効果的に働きます。

 

赤い小さな英語のチェック。赤い噴出しが目を引きます。
低カロリーで栄養価の高い食べ物を選びつつ「血糖値」の管理をして健康的に効率よくダイエットしましょう。

スポンサーリンク