MENU

セロトニン不足対策するなら増やすサプリメント「リラクミンSe」

ストレスかな?セロトニン不足解消にサプリメントがおすすめ。

三大神経伝達物質とは「運動」に働く「ドーパミン」と「不安」に働く 「ノルアドレナリン」そして「精神面」「睡眠 」に働きかける「セロトニン」です。三大神経伝達物質は「感情」などに働きかける大切な物質で、神経伝達物質のバランスが乱れてしまうと「うつ病」などの原因になってしまい注意が必要です。

 

そしてドーパミン・ノルアドレナリンの働きを制御して「精神安定」に作用をするのが「セロトニン」なのです。セロトニンは生活リズムの乱れやストレスを感じることでドンドン減少してしまいます。

現代人はセロトニンが減少してしまう原因が多い

1,ストレス
ストレスを長期間感じてしまうとセロトニンは減少してしまいます。
2,運動不足
セロトニンは運動不足により活性化されずに不足してしまいます。
3,乱れた生活リズム
生活リズムの乱れでセロトニンは分泌量が減少してしまいます。
4,日光不足
昼夜逆転の生活で日光を浴びる量が減少すると、セロトニンは分泌量が減少してしまいます。生活リズムの乱れも注意が必要です。

ストレス社会に生きている現代人にとってセロトニンはとても大切な物質ですが、減少しやすく不足しがちです。そんなセロトニン不足対策ができるサプリメントが「リラクミンSe」です。

 

 

 

サプリメント「リラクミンSe」の効果的な成分

「リラクミンSe」にはセロトニン不足対策に効果的な3つの成分が使用されています。

 

ラフマ葉エキス60mg

ラフマ葉に含まれているフラボノイド化合物がセロトニンは増やすことが確認されています。ラフマ葉以外の「抗ストレスハーブ」と比較すると薬物への相互作用が少ないのが特徴です。サプリメントを利用する際に大切な「安心」がラフマ葉にはあり最近大いに注目されているのです。

 

ギャバ40mg

ギャバは「ラフマ葉」と相乗効果あり、一緒に摂取することで効果がUPします。そもそもギャバは「不安」「イライラ」を解消するリラックス成分として有名で、多くのサプリメントに使用されています。

 

ギャバは年齢と共に減少していき体外からの摂取がメインになっていきますのでサプリメントからの摂取はとても有効です。

 

クワンソウ100mg

クワンソウは沖縄で古くから栽培されており、眠れないときやリラックスしたいときに「クワンソウ」と豚肉を煎じて食べられていました。最近リラックス成分として注目されています。

※全て2粒あたり。

 

その他にもセロトニン不足に効果的な成分

ビタミンB1
ビタミンB1は神経系統の調整をサポートする効果があります。ビタミンB1が不足してしまうと、疲れやすくなったり集中力の低下やイライラなどの原因になってしまいます。

 

ビタミンB2
ビタミンB2は糖の代謝を促進してエネルギーを作り出し神経や筋肉に行き渡らせる働きがあります。さらにギャバの合成を助け神経の興奮を抑える働きも期待できます。

 

ビタミンB6
ビタミンB6は「たんぱく質」の分解を促進してアミノ酸の生成をサポートする働きの他にセロトニンを作り出すために必要な成分です。

 

パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムは糖質・脂質などのメグリに働きかける成分で「抗ストレス作用」も期待できます。

 

ストレスでイライラや不安を感じたら「リラクミンSe」

「ラフマ葉エキス」「ギャバ」「クワンソウ」を同時に摂取できる「リラクミンSe」は、おすすめのサプリメントです。さらにリニューアルで「ハードカプセル」から「錠剤」になり飲みやすさも向上しています。

 

スポンサーリンク