MENU

セロトニン効果でストレスに強くなりましょう

セロトニンは精神安定とストレスに強くなる神経伝達物質です。

ストレスを感じやすい人はストレスが原因で精神が安定しなかったり、睡眠の質が悪くなってしまうことがあります。三大神経伝達物質の1つセロトニンをご存知ですか?

 

セロトニンは「精神の安定」と「睡眠の質」に働きかける大切な物質で、ストレスと大きく関係しているのです。

ストレスとセロトニンの働き

三大神経伝達物質は「ドーパミン」「ノルアドレナリン」そして「セロトニン」です。それぞれ「感情」「精神面」「運動」「睡眠 」などに影響を与える大切な物質で、神経伝達物質のバランスが崩れてしまうと「うつ病」などの原因になってしまいます。

 

三大神経伝達物質の概要

  • セロトニンは「精神の安定」「睡眠の質」「生活リズム 」
  • ノルアドレナリンは「意欲」「怒り」「不安」「恐怖」
  • ドーパミン「快感」「喜び」「運動」「集中力」

セロトニンが不足すると情動を押えることが難しくなってしまい 、ノルアドレナリンも不足はストレスに対する抵抗力が低下してしまいます。ドーパミン・ノルアドレナリンなどの働きコントロールして「精神を安定」させる作用をしているのが「セロトニン」なのです。

 

 

セロトニンが減少する原因

1,ストレス
セロトニンはストレスを長期間受けてしまうと減少していしまうのです。
2,運動不足
運動不足になるとセロトニンが活性化されずに不足してしまいます。
3,乱れた生活リズム
セロトニンは生活リズムの乱れで分泌量が減少します。
4,日光不足
特に昼夜逆転の生活は日光を浴びる量も減ってしまい、生活リズムも乱れていて注意が必要です。
5,栄養不足
セロトニンを生成する「トリプトファン」「ビタミンB6」の不足がセロトニン不足につながります。

 

ストレスに強くなるセロトニンを増やしましょう

セロトニンの分泌を増やすことでストレスに「強く」抵抗することができるようになります。ストレスを感じやすい人はセロトニンを積極的に増やすようにしましょう。
セロトニン不足対策にはリラクミSe

 

セロトニンの分泌を増やす「生活リズムの改善」

 

セロトニンは生活リズムの改善で分泌が促進されます。

 

セロトニンの分泌を促進するには生活リズムを改善することが効果的です。セロトニンは朝起きてから30分が1日で1番活性化され、日光を浴びることで分泌されます。早寝早起きを心がけ朝日を浴びる習慣が、セロトニンの「活性」「分泌」につながるのです。

 

セロトニンの分泌を増やす「リズム運動」

 

セロトニンはジョギングやウォーキングで分泌されます。

 

リズム良く体を動かすことがセロトニンの分泌を促進させることができます。代表的なリズム運動は「ジョギング」「ウォーキング」です。セロトニンの分泌は運動開始から5分以降ですので、日光をを浴びながら最低でも10分以上リズム運動するのが良いでしょう。

 

セロトニンの分泌を増やす「スキンシップ」

 

セロトニンは大切な人達との時間で分泌・促進されると考えられています。

 

セロトニンは恋人や知人・家族とスキンシップ・会話・ふれあいをとることで「活性」「分泌」されることが注目されています。大切な人達との交流がセロトニンの「活性」「分泌」に効果的ですので、大切な人達との時間を「大切」にすごしましょう。

 

セロトニンの分泌を増やす「サプリメント」

最近はセロトニンをサプリメントで補う方法も注目されています。現代社会で「規則正しい生活」「毎日の運動」は、がんばって続けても難しいですし「しなきゃ」と思うことがストレスにつながってしまうことも充分に考えられます。

 

赤い小さな英語のチェック。赤い噴出しが目を引きます。
1番良い方法とは言いませんが「サプリメント」もセロトニン不足解消の方法として効果的と言えましょう。

おすすめのセロトニンサプリメント「リラクミンSe」

スポンサーリンク