MENU

生活を狂わせてしまう夜間頻尿の原因

夜間頻尿は生活に悪影響をあたえてしまう辛い症状です。

夜間頻尿は夜睡眠中にトイレに尿意で起きてしまいトイレに行くために起きてしまうことです。たまになら気にすることもありませんが、連日や頻繁にあれば生活に悪影響を与えてしまいます。

 

原因は様々で40歳代以上の中年男性に多く見られる夜間頻尿ですが、機能的膀胱容量の低下など女性も悩んでいる方が多いです。

夜間頻尿の原因になる機能的膀胱容量の低下

 

夜間頻尿のは機能的膀胱容量の低下も原因になります。

 

機能的膀胱容量の低下とは膀胱の容量が通常よりも30~40%くらい減少してしまう状態です。膀胱にためられる尿が減少してしまえば尿意を感じる回数は増えてしまい日中はもちろん夜間頻尿の原因になってしまいます。

 

機能的膀胱容量が低下してしまう原因には、男性特有の「前立腺肥大症」男女関係がない「過活動膀胱」「神経因性膀胱」などが考えられます。

 

前立腺肥大症による夜間頻尿

前立腺肥大症は40歳代以上の中年男性に多くみられ、中年男性の夜間頻尿の原因で1番に考えられるものです。前立腺肥大症とは文字通り前立腺が肥大してしまう症状で、尿が出にくくなってしまいます。出にくくなった尿を出すために膀胱に力を入れるために膀胱に筋肉がついてしまい容量を低下させてしまうのです。

 

過活動膀胱による夜間頻尿

歳を重ねるほど男女関係なく夜間頻尿の原因になってしまうのが過活動膀胱です。過活動膀胱とは排尿する際の筋肉が必要以上に働いてしまい、通常では尿意を感じるほど尿がたまっていないのに突然尿意を感じてしまう状態です。

 

神経因性膀胱による夜間頻尿

通常尿意とは膀胱が尿でいっぱいになり、その状態が信号を大脳に送り尿意を感じるようになっています。 しかし信号を送る神経の障害で起きてしまう頻尿・排尿障害神経因性膀胱といいます。

 

神経因性膀胱の原因

脳の障害
脳梗塞・脳出血・アルツハイマー病・パーキンソン病・多発性硬化症など

 

脊髄の障害
椎間板ヘルニア・脊髄損傷など

 

末梢神経の障害
直腸がん・子宮がん・糖尿病など

 

が考えられます。心当たりがある方は注意が必要で医師の診断を受けるべきでしょう。

 

利尿作用の高い成分の過剰摂取による夜間頻尿

 

夜間頻尿の原因の1つに夕方以降の利尿作用の高い成分の過剰摂取があります。

 

利尿作用の高い成分を夕方から就寝前までに摂取しすぎると、睡眠中に膀胱に尿が我慢できないほどたまってしまい尿胃で起きてしまいます。利尿作用の高い成分はカフェイン・アルコールなどの代表的な成分の他にも、カリウムルチンなども高い利尿作用がありますので気をつけましょう。
こんな意外な飲み物も頻尿の原因になる

 

膀胱を刺激する食べ物

柑橘類刺激物も膀胱を刺激して尿意を起こしてしまう原因になります。普通に食べる分には問題ありませんが夕方以降に過剰に食べてしまうのは注意が必要です。

 

その他にも塩分を摂取すると体は水分を欲します。水分の取りすぎも夜間頻尿の原因になりますのでバランスの良い食事を心がけましょう。
頻尿の原因になる意外な食べ物

 

生活習慣の乱れが原因の夜間頻尿

生活習慣が乱れていると排尿の習慣も乱れてしまいます。体には体内時計があり不規則は生活リズムが体内時計を狂わせてしまい、夜間に尿意を起こしてしまうのです。生活習慣の改善をすることで次第に夜間頻尿も落ち着いてくるはずです。

スポンサーリンク