MENU

長時間トイレに行けないときできるトイレ対策

長時間トイレに行けないときの対策

生活するうえで長時間トイレに行けないことは良くあるシチュエーションです。仕事・学校・旅行映画館、「大切なこと」「楽しいこと」も普段から頻尿に悩んでいる人にとっては困ったシチュエーションだと思います。

 

頻尿が原因で旅行や映画館を敬遠していまう人も多いのではないでしょうか?そこで少しでも尿意をおさえるための対策をしておくことが大切で、尿意の原因になることを知っておくことが重要になってきます。

 

頻尿解消にはノコギリヤシが効果大



尿意のシステムとトイレが近くなる原因

通常は成人が尿意を感じはじめるのは約200mlで、膀胱が尿でいっぱいになるのは500~600mlくらいと言われています。

 

膀胱内に尿がたまるほど強い尿意を起こすことになり正常な場合は1日の排尿は6~7回で、仮に6時間の睡眠をとるとして単純計算3時間で1回くらいトイレに行く計算です。

 

トイレが近くなる原因

尿意(膀胱)は「カフェイン」「アルコール」「甘味料」「体の冷え」など様々な要因で刺激されてしまいます。カフェインなど利尿作用がある成分を摂取すると、尿意を感じるスパンが短くなってしまうのです。

 

トイレが近くなる原因「カフェイン」

 

コーヒーはトイレが近くなるカフェインが含まれています。

 

カフェインは利尿作用がありトイレが近くなる成分としてとても有名です。カフェインは「コーヒー」「緑茶」「紅茶」「コーラ」「チョコレート」「栄養ドリンク」など様々なものに含まれています。

 

カフェイン以外の利尿作用の高い成分

カフェイン以外にも利尿作用の高い成分はあります。「カリウム」「ルチン」などが利尿作用がある成分で「カリウム」はバナナ・アボガド・トマト・スイカ・メロンなどに多く含まれていて、「ルチン」は蕎麦・トマトなどに多く含まれていますので注意しましょう。

 

トイレが近くなる原因「アルコール」

アルコールには抗利尿ホルモンの分泌をおさえてトイレが近くなる作用があります。

アルコールには抗利尿ホルモンの分泌を抑える働きがあります。抗利尿ホルモンは脳下垂体から分泌される賢臓の尿細管に働きかけるホルモンで水分を再吸収させる作用があります。

 

抗利尿ホルモンの分泌が減少していまうと、水分を再吸収させる作用が上手くいかずにトイレが近くなってしまうのです。

 

睡眠を充分にとること

抗利尿ホルモンは睡眠中に分泌され、起床してからはドンドン減少していきます。長時間トイレの行けない予定がある場合は、前日にアルコールの摂取は控えて睡眠時間を長くとるようにしましょう。

 

トイレが近くなる原因「体を冷やす」

 

エアコンで体を冷やすのはトイレが近くなる原因でです。

 

体が冷えてしまうと血液の流れが悪くなるのですが、尿を作るのに重要な腎臓も冷えてしまいます。腎臓が冷えてしまう腎臓機能も低下して、排尿障害でトイレが近くなってしまうのです。

 

体を冷やしてしまう原因

砂糖・人工甘味料や夏野菜・海藻類などの陰性の食べ物は体を冷やす作用があります。長時間トイレに行けないときは、「甘いもの」やナス・キュウリ・昆布・ワカメなどは避け、エアコンなどでも体を冷やさないように注意しましょう。

 

頻尿解消にノコギリヤシ

頻尿解消にはノコギリヤシが効果的です。私も1時間に1回、ひどいときはもっと尿意が起きてしまい、ずっと頻尿に悩んできました。そしてノコギリヤシを飲みはじめて頻尿の悩みから開放されました。

 

ノコギリヤシの成分の効果はもちろんですが、ノコギリヤシを飲んでいるから大丈夫と思う安心感もストレスからくる頻尿の解消にもなっていると思います。頻尿でお悩みの人に試してもらいたいと思います。
1日分550mg高配合 ノコギリヤシ



スポンサーリンク