MENU

弛緩性(しかんせい)便秘とは?原因と症状

弛緩性便秘の原因は筋力の低下。

腹筋の力が弱く 蠕動(ぜんどう)運動が不十分で「便を押し出す力」が低下してしまうと、弛緩性(しかんせい)便秘の原因になってしまうのです。弛緩性便秘は日本人の便秘で1番多いと言われていて、腹筋の力が弱い高齢者・女性・男性も運動不足や筋力が弱いと発生してしまいます。

弛緩性(しかんせい)便秘の原因

弛緩性便秘の原因の第一は腹筋の力が弱くなっていることです。しかし原因はそれだけではなく様々な原因があるのです。

 

筋力の低下

弛緩性便秘は腹筋の筋力低下によることが原因。

蠕動(ぜんどう)運動をするには腹筋の力が必要です。その筋力が低下してしまえば蠕動(ぜんどう)運動の働きが弱くなってしまい、便を押し出す力も低下してしまいます。

 

大腸下垂

腹筋にはを支える役割もあるのですが、腹筋の力を弱くなってしまうことで腸を支えきれずに下がってきてしまうと大腸下垂になってしまいます。大腸下垂になってしまうと腸が緩んで(弛緩)してしまい、腸が便を押し出す力も低下して弛緩性便秘の原因になってしまうのです。

 

水分不足

水分不足は腸内の水分の低下につながり便まで水分が行き渡らなくなってしまいます。便秘で長時間「腸内」に便があると、便は水分を奪われてドンドン硬くなっていくのです。

 

硬い便は排便するための腸の押し出す力をより必要としますので、筋力の低下した腸では排便することが困難になってしまいます。

 

ダイエットによる筋力低下と食事制限

過度なダイエットの影響で筋力が低下してしまうと蠕動(ぜんどう)運動の働きが弱くなってしまいます。さらに食事制限により便の量が減ってしまうと排便するのが難しくなってしまいます。

 

緩性(しかんせい)便秘の症状

弛緩性便秘の症状は様々なトラブルの原因になります。

緩性(しかんせい)便秘は腹筋の力弱くなってしまうことが原因ですので、慢性化しやすく常習性の高い便秘の代表格です。

 

小さく丸いコロコロした便になってしまう

水分を奪われ硬くなった便は小さく丸いコロコロした便になってしまいます。この状態の便は排便できても量が少なくなりがちで、硬い便は排便時に肛門に痛みがでたり切れて血が出てしまうことがあり注意が必要です。

 

慢性的な便秘によりお腹の張り

弛緩性便秘が慢性化してしまうと腸内の悪玉菌が増加してしまい有毒なガスを発生させます。排便ができないと便が栓になってしまいガスを出すことができずに腸内に一緒にたまってしまいます。このガスは血液に吸収され肺までまわり、口臭の原因なるので注意が必要です。
口臭はエチケット気づきにくい嫌なニオイの原因

 

便秘による肌荒れ

便秘による腸内環境の悪化は自律神経の働きを低下させる原因になります。自律神経は新陳代謝と強く関係していますので、新陳代謝が悪くなれば当然「肌荒れ」や美容のトラブルの原因ですので注意が必要です。

 

自律神経の働きを低下による悪循環

腸内と強く関係している自律神経の働きが低下してしまうと便秘はさらにひどくなってしまい、肌荒れや美容のトラブルは増加してしまいます。この悪循環は中々正常に戻すことができないので早めの便秘解消を心がけましょう。

スポンサーリンク